CENTURIONSタレントを知る

Motoshi Kaichi

「カイチ モトシ」のバックグラウンド

アウトソーシング企業でヘルプデスク業務やオペレーター、クライアントのIT運用の高度化及び管理に従事。運用管理企画・実行者として参画したプロジェクトで、様々な企業課題を解決するコンサルタントの仕事の進め方に感銘を受け、2018年にコンサルタントに転職。趣味はドライブとスキューバダイビング。

クライアントのために何ができるか

責任感を持って業務に取り組むことで、クライアントから感謝の言葉を頂く機会は前職のころからありました。以前はそこで満足していましたが、初めて自ら提案した仕事を完遂した時に、心からの感謝の言葉を頂けたことを今でも鮮明に覚えています。この経験から、クライアントが気付けていないリスクや問題を解決できる施策を自ら提案し、クライアントの為に結果を出せるコンサルタントを目指したいと考えるようになりました。
あるプロジェクトで協業したコンサルタントはまさに問題解決のスペシャリストで、短期間で問題を抽出するだけではなく、解決に向けた方向性を理路整然と整理・提案していました。机上の空論で終わらせない行動力のある姿は、自身の目指す将来像への確信に繋がり、コンサルタントへの転職に挑戦する動機となりました。

自己成長は何歳からでも実現できる

コンサルタント未経験からコンサルティングファームへの転職は20代から遅くとも30歳過ぎまでが限界年齢とよく耳にします。根本的な仕事の進め方が異なる為、年齢が上がれば上がるほどコンサルタントとしての基本スキルの習得が遅くなるといわれています。私はその通説よりも遅めの34歳で転職しました。当初は前職の仕事の進め方とのギャップに苦しむ日々を過ごしていましたが、育成に力を入れている上司や、向上心のある多くの同僚からの刺激を受け、高い目標への挑戦から得られる自己成長を実感しています。同様に高い目標を持ちながらも、現状のキャリアパスに悩みを持っている方には、年齢だけで諦めずにチャレンジしていただきたいです。

RECRUITMENT募集要項

弊社の一員として、共に“未踏のチャレンジ”を実現したい方、コンサルティングの本質を極めたタレントを目指したいという方は、是非弊社をキャリアアップの場としてご検討ください。