Recruit

採用情報

コンサルティング事業部 TAKAMASA SHIRAI

日本のSCMを引っ張るチームをつくり
お客様からも社内からも一目置かれる存在に

CAREER

大学卒業後、ITコンサルティング会社に入社。翌年、入社した会社が大手電機メーカーの傘下に入ったことから、同社の情報システム部門として、主にSCM(サプライチェーンマネジメント)領域の業務改革支援、システム構築に携わる。
大きな仕事も任されて充実していたが、15年ほど勤めた後に将来のキャリアを考えて転職を決意。ベンチャーと大手のコンサルティング会社を経て、2021年、VERTEX PARTNERSに入社。

Q.1 VERTEX PARTNERSに入社を決めた理由を教えてください。

入社を決めた理由は
「自由にやればいいよと言われたこと」

大手電機メーカーでは、SCM領域を中心に、グローバルでの業務改革支援、システム構築および運用保守を担当していました。いくつかの大規模なプロジェクトを任され、やりがいを感じながら業務を行っていましたが、それらのプロジェクトが落ち着くと、その後のキャリアを見出すことができずに、将来を考えて転職を検討。
転職したベンチャーと大手のコンサルティング会社では、今につながる貴重な経験ができたものの、どこか自分の志向とのズレを感じていました。そんなときに知人から「白井さんの自由にやればいいよ」とベルテクス・パートナーズに誘われ、彼がやっている会社なら問題ないだろうと入社を決めました。

Q.2 入社してみて、実際どんな会社でしたか?

入社後の印象は
「フォローや相談にのってくれるウェットな会社」

現在は、経験を活かせるプロジェクトにアサインされ、誘っていただいた言葉通りに自由にやらせてもらっています。そこは入社前の印象通りでしたが、良い意味でギャップを感じたのは、想像以上に人にやさしく、ウェットな会社である点です。

ベンチャーのコンサルティング会社というと、新人を丁寧に育てていくというよりは、すでに実力も経験もある人が集まって、それぞれ自分の裁量で動くイメージがありました。チームで動いたり後輩を育てたりといったことはあまりしないと思っていたんですね。ところが実際には、チームで連携を取りながら、質問や相談をすれば時間を割いてくれ、フォローをしてくれる。自由に裁量を持ってやらせてもらいながら、必要なフォローや学びには力を貸してくれる会社でしたね。

Q.3 あなたにとって会社の環境はどんな点が有利に働いていますか?

自身にとって、会社の環境は
「やりたいことができる環境」

とにかく、自由にやりたいことができていると感じており、それは自分にとても合っていると思います。「コレをやりなさい」や「やらなければならない」というものはなく、やりたいと言ったことに対して「やってみなよ」と言ってもらえる環境です。

現在担当しているプロジェクトはSCM関連ではありませんが、大きな裁量をもって仕事ができている点は、自分にあった環境だと感じています。また、これからのSCMチームを引っ張る立場として新たなチャレンジができる点にもやりがいを感じています。

Q.4 仕事でのポリシーや信条など、大切にしているということを教えてください。

仕事に対して大切にしていることは
「自分なりの考えを持つこと」

コンサルタントですので、お客様の立場に立って考えることが大前提です。そのうえで自分なりの考えを持つことを大事にしています。言われたことをただするのではなく、コンサルタントとして「自分はこう思います」「これをやるべきだと思います」と自分なりの考えをしっかり持ち、それを発言して進めていく。それが自分たちに求められていることだと思っています。

Q.5 クライアント、上司、同僚の方から言われて記憶に残っている言葉は?

印象に残っているのはクライアントからの言葉で
「自分たちの業務を合わせます」

大手電機メーカーの情報システム部門にいたときの話です。通常、システム構築をする際は、お客様である業務部門から「今度、こういう業務をやるから、こういうシステムをつくってください」と情報システム部門に依頼がきます。しかしある重要なプロジェクトで、業務部門がシステム構築の前提となる業務を考えることができず、彼らを支援していた外部のコンサルタントも匙を投げる状況が発生していました。
そんな時、その業務部門のマネジメントから「今回のプロジェクト、我々ではあるべき業務を考えることができない。よって、白井さんがベストと思うシステムとそれに必要な業務を教えてほしい。我々は、それに合わせて業務を変更する」とおっしゃっていただいたのです。「本当に自分が決めていいのか?」と若干不安を感じると同時に「そこまで信頼して任せてもらえるなら、必ず期待に応えたい」と強く感じたことを覚えています。そして、その経験は、今も大切にしている「自分なりの考えを持つこと」につながっています。

Q.6 これからの仕事であるいは、これからの人生で実現したい夢を教えてください。

実現したいことは
「グローバルで通用するSCMのプロ集団として、一目置かれるチームをつくること」

現在、SCMチームのリーダーの役割を引き継いでいる段階です。名実ともにSCMチームを「グローバルで通用するSCMのプロ集団」として、一目置かれる存在にしていきたいですね。

私の専門はSCMの中でも「グローバル需給」と呼ばれる領域です。しかし日本には、私が大手電機メーカーで10年以上前にやっていたことが、いまだにできていない企業が多数あります。
これは世界のSCM先進企業からみたら20年以上の遅れになります。できていない理由は様々あると思いますが、この領域は、複数の会社や部署との調整、足りないデータを一つ一つ準備するといった根気のいる作業。そして、多少うまくいかなかったからといってすぐにやめるのではなく、長期にわたって粘り強く改善し続ける強い意思が必要になります。そのことが、頭では重要だと分かっていてもなかなかチャレンジできない、チャレンジしても、あまりの難易度の高さに途中で挫折してしまうといった結果につながっているのかもしれません。

ベルテクス・パートナーズのSCMチームは、そんなお客様に対して「グローバルで通用するスキルを前提に、お客様にとって必要なことであれば泥臭い作業も厭わない」と向かい合う、そんな唯一無二の存在を目指していきたいです。

Q.7 新規プロジェクトへの部下の方の、アサインの考え方や基準などを教えてください。

アサインするのは
「自分の考えを持ち、意思を持って進められる人」

当たり前かもしれませんが、与えられた仕事については、高い当事者意識を持って取り組んでほしいと思っています。もちろん、困ったときはどんどん相談してほしいですが、まずは自分なりに「どう進めるべきか」「進めたいのか」を考える。そしてそれを伝える努力をすることが、上長のために仕事をするのではなく、お客様に対してよりよいサービスを提供することにつながります。そして、なによりベルテスク・パートナーズで自分自身のやりたいことを実現するために大切なことだと思います。

Related content 採用情報関連コンテンツ

Recruitment Infomation 採用インフォメーション

Info