Recruit

採用情報

コンサルティング事業部 YUSUKE ONISHI

自分が生きた証を未来に残すため、
有言実行の風土で目標を成し遂げる

CAREER

大学を卒業後、大手の物流会社に就職。主に営業を担当したのち、外資系メーカーへ転職する。調達部門で仕事をするうちに、課題解決スキルやSCMの専門知識を身につけたいと感じ、コンサルタントへの転職を志願。VERTEX PARTNERSの面接で働き方の指針となる上司に出会い、2022年に入社した。

Q.1 VERTEX PARTNERSに入社を決めた理由を教えてください。

入社を決めた理由は
「目標をもって仕事をする上司の存在に惹かれた」

もともとコンサルティングの会社に焦点を絞って転職活動をしていたのですが、ベルテクス・パートナーズの面接で上司となる方に出会い、目的意識や目標をもって仕事をしている点に強く惹かれました。私自身が当時サラリーマン人生で路頭に迷っていたのもあり、「自分もこれからは目標を持って仕事をしていきたい」と感じられたことが大きかったです。

Q.2 入社してみて、実際どんな会社でしたか?

入社後の印象は
「有言実行の企業」

働いている人たちが自分の目標に対してしっかりコミットしている点、言わば有言実行の姿勢が印象的です。また会社としても、手を挙げたらその意欲を買って任せてもらえる風土があり、自分自身もやりがいを感じています。

Q.3 あなたにとって会社の環境はどんな点が有利に働いていますか?

自身にとって、会社の環境は
「コンサルタントスキルを身に着けるためのマテリアルが揃っている」

リモートワークを取り入れながら時間を有効に使える点が助かっています。自分でタイムマネジメントできることで、勉強する時間も確保できるようになりました。それで言うと、この会社はコンサルタントスキルを習得するためのマテリアルも十分に揃っています。研修に限らず、突き詰めたい事柄が見つかったら適切な書籍も紹介してもらうことができました。教育環境としては十分に感じています。

Q.4 仕事でのポリシーや信条など、大切にしているということを教えてください。

仕事に対して大切にしていることは
「苦しい場面にも真摯に向き合い、逃げないこと」

どんな仕事であれ、苦しい局面やタフな場面は時に訪れます。ただ、いかなる時も真摯に向き合って逃げない、ということが私のポリシーです。これを心掛けることが、お客様に対しても真摯に向き合う姿勢に繋がっていると感じます。

Q.5 クライアント、上司、同僚の方から言われて記憶に残っている言葉は?

上司からの言葉で記憶に残っているのは
「日本の製造業を元気にしたい」

面接の時に上司となる方から、「日本の製造業を元気にする」という目標をお聞きしました。それは上司がサプライチェーンのマネジメントを専門としているのもあると思うのですが、私自身もメーカー出身として、非常に興味の湧くフレーズでした。この会社に入れば上司の目標にもコミットできる、とモチベーションが上がったのを覚えています。

Q.6 これからの仕事であるいは、これからの人生で実現したい夢を教えてください。

将来実現したいことは
「まずはマネージャーを目指し、いつかは起業へ」

まずはこの会社で、コンサルタントからマネージャーの立場を目指したいです。そして、人生という長いスパンで考えると、自分で事業をおこして経営する立場になりたいと考えています。現時点では、ですが、不動産事業に最も興味があります。家や建物を通して、自分の生きた証を未来に残せていけたらいいな、と夢を描いているところです。

Related content 採用情報関連コンテンツ

Recruitment Infomation 採用インフォメーション

Info